コスメランキング

HOME > 気になる特集 > 美人の作り方

美人の作り方

これであなたはもっと美人!

  • ファンデーション
  • 眉メイク
  • 赤ちゃんみたいな桃肌ほっぺ
  • つやつやリップ

ファンデーション

■色選び

自分の肌色より 白っぽいかピンクっぽい色を選んで「しまった」と思ったことはありませんか?
それは自分の理想の肌色を選んでしまったり、店内のライトの下でのみ選んだり、限られた狭い部分や手の甲などで色合わせをしてしまうのが 原因と言えるでしょう。 選び方のポイントとして、肌の色を「白っぽく」ではなく「明るく」してあげましょう。雑誌やメイクスクールなどで よく首に近い色を選ぶようにいわれていますが、首の部分には影があり 色がくすんでいる場合も多いようです。
そこで、頬の明るい部分で色を見るのがよいでしょう。頬の部分は面積も広く、顔の正面だからです。

■つけ方

どの種類のファンデーションでもそうですが、まず 額から塗っていくと失敗が減ります。それは 顔の正面は多少ファンデーションが厚くついても気にならないからです。顔と首の境の部分が厚いとどうしても厚化粧に見えてしまいます。
ファンデーションは、顔の中心部から外側にむけてつけていきます。顔全体に均一に塗らないように、外側はぽかす程度に薄くのばしていきましょう。
そうすると自然に立体感も出てきます。
また、誰かをメイクしてあげるときなどはファンデーションの色が「少し白いかしら?」と思っても、後でハイライトとして修正がきくから一通り塗って見ましょう。仕上げの段階で色を調節しながら、全体を作り上げていきます。手間でなければ ファンデーションを2色以上使ったり、あるいはシャドウを使用し顔の側面にぼかしてやると、より自然で 立体的に仕上がります。
また、普段のイメージとちょっと違うメイクをしたいと思った時など、単純にファンデーション自体の色を変えるのもひとつですが、シャドウを使ったり首までファンデーションやパウダーをぼかしてつける方法もお勧めです。

眉メイク

寝坊して1分しか時間がない!
フルメイクは無理だけど、一ヶ所だけならメイク可能。そんなとき、あなたならどのパーツを選びますか?印象が一番変わるのは眉。TVや雑誌などでよくある素人変身企画では、ほとんどの方が眉に手を加えた時点で大幅に美人度アップしているのに気づきます。

そう、眉は顔全体の印象を最も大きく左右するパーツです。ファンデーションは塗らなくても、口紅はすっ飛ばしても、何はなくても眉だけは描く……これが、メイク美人への第一歩です。

さて、眉メイクと一口に言っても、その手順は2つに分けられます。ひとつは定期的に行う、眉を「整える」作業。そして、もうひとつが毎朝の眉を「描く」作業です。今日はその書き方をご紹介します。

  • まず眉山からスタートするのが一般的。眉山の一番高い点を決めたら、そこから上まぶたの外側のカーブと平行に進む感じに、眉尻のラインを描いていきます。描くときは、無理に一筆で完成させようとせず、眉山から眉尻に向かって徐々に描き足していく感じで。
  • 眉尻が出来たら、今度は眉の上側のラインを描きます。この際も一筆で描こうとせず、短い線を重ねる感じで、そこからはみ出さないように描きましょう。眉の下にある骨の位置も常に意識して。
  • 上のラインが決まったら、左右のバランスを見ながら、毛と毛の間のスキマを埋めるように眉全体を描いていきます。眉の下のラインは、上のラインと違ってはっきりとは描かなくてOK。スキマを埋めるうちになんとなく下のラインもはっきりしてきた……というのが理想的。
  • 仕上げに眉頭を描きます。この部分は特に濃くなりやすいので要注意。ペンシルやブラシを持つ手の力を抜いて、スッスッと軽いタッチで描きます。毛が多い人は、ほとんど描かず、ブラシでぼかすだけというのがちょうど良いようです。
  • 最後にブラシで毛の流れに沿ってぼかせば完成。眉頭の部分は特に丁寧にぼかして自然に。このステップで理想眉のアウトラインからはみ出してしまわないように注意しながら行いましょう。

赤ちゃんみたいな桃肌ほっぺ

メイクの仕上がりを大きく左右するステップがチーク。メイクの印象を華やかにしたり、顔全体のバランスをとったり、さらに肌の透明感を演出したり……チークの果たす役割はさまざまなのです。ところが、「チークはちょっと難しくて……」と敬遠してしまう人が多いのも事実。そこで、誰でも失敗なくできるチークの入れ方の基本を勉強します。

まずはチークを入れる位置をおさらい
チークを入れる位置は頬。それくらいは分かりますよね。では、顔全体で大きな面積を占める頬のどの部分?チェックポイントは二つのライン。まず両方の黒目の中央からまっすぐ垂直に引き下ろしたライン。チークはこのラインから外側に入れるのが基本です。さらに、両小鼻脇から耳の下までを結んだライン。ここより上に入れるのがチークを自然に入れるコツになります。チークは血色を演出すると同時に、骨格の高低を強調し顔を立体的に見せるもの。チークを入れる場合は、常に頬周辺の骨格を意識しながら……が理想です。

つやつやリップ

リップメイクの手抜きは、メイクのぼやけ、年齢の老けこみを感じさせる原因になるのをご存知ですか?口紅やリップグロスは正しく塗ってこそ、その効果を発揮してくれるアイテム。今こそ普段のリップメイク、見直してみませんか?



■まずは正しい塗り方をマスター

  • リップペンシル(先はとがらせすぎないこと)で唇の輪郭をとります。このラインは唇の色の境界ではなく、ふくらみの境界線をなぞるのが基本。 まず上唇上部の山(左右のバランスに注意)のラインを描き、次に下唇底辺のライン、最後に口角から上下のラインへとつなぎます(右図)。この際、口角のラインは上下をきちんとつなげること。軽く口をあけてみて、上下のライン間に隙間がなければOKです。
  • ラインが完成したら、ブラシに口紅を取って塗っていきます。まずは下唇の中央部にブラシを乗せ、徐々に広げる感じで全体に口紅をのばしていきます。 リップペンシルを使わない場合は、まずブラシにとった口紅を下唇中央にのせたあとに、そのブラシを使ってラインをとります。口紅を取ったあとに、いきなりラインからはじめるとライン部に口紅が乗りすぎるので注意。
  • 唇全体に色を乗せたら、今度はリップライン上にブラシを置き、ラインをなぞるようにして色とラインをなじませます。自然に仕上げるための重要なステップ。
  • 塗り終わったら、ティッシュで全体をおさえ、余分な色・つやを取り除いて完成。この一手間で、唇と口紅がなじんで自然な仕上がりに。 このあと仕上がりをチェック。必要なら口紅を重ねたり、もう一度おさえたりして好みの発色に調整すれば出来上がり。


(おまけ)口紅はどうも苦手という人のために。。。。

■リップグロスのみで仕上げる場合

  • リップグロスのみで仕上げる場合もリップラインは必須。リップペンシル、もしくはブラシにとった口紅で、口紅の塗り方で書いたのと同じ手順でラインをとります。
  • グロスのみでナチュラルに仕上げたい場合は、ラインを描く時に口角をキッチリ取りすぎないことも大切。特にナチュラルカラーのグロスを使用する場合には、上下のライン間に多少の隙間をもたせてもOKです。

スキンケアホワイトニングアンチエイジングニキビケアトライアルセット ドクターズコスメメイクアップコスメショッピングモール
Copyright © 2006 Hapicora*. All Rights Reserved.